So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

2018年2月12日(月) 通勤用の靴購入 [日記]

本日は通勤用の靴を買ってきました。

金曜日にマッサージに行って鍼を打ってきたのだが、ここまで脚が痛む原因はサッパリ分からなかった。いやそもそもの原因は分からなかったのだが、普段通勤に通っている靴が見た目重視で靴底の薄い革のスニーカーでやや歩きづらかったためより悪化したのは多分確実。と言うわけで今回は機能重視でウォーキング用のスニーカーを買いに行こうと色々調べておいた。

どうせ男性しかいない職場なのでオシャレをしても仕方が無いのだが、NIKEやアシックスでは余りにも何も考えていなさそうだったので、ここは久しぶりにリーボックを買いに行くことにする。いや懐かしいなぁ、大学生の頃に買って以来だよ。

で調べて見ると近場では直営店が六本木と原宿と新宿にある事が判明。六本木はちょっと遠いし、新宿は小田急ビルの中に入っているので小さそう。原宿店ならオニツカタイガーの原宿店にも寄ってこれるので、まずはここに行ってみよう。ただ原宿店はClassicシリーズの取り扱いと言う事で復刻版メインのようなのが気になったのだが…これ伏線。

と言うわけでまずは渋谷に行ってキャットストリートをブラブラしながらリーボック原宿店に行く。思ったほど品揃えは多くなく、しかも復刻版らしく黒一色の靴か逆にNIKE AIRのような派手派手なのしかない。スタッフに聞いた所、クラシックとは言っても当時はウォーキング用に作られた物なので歩きやすいと言う事だった。う〜ん、どうせなら多少色気のあるのが欲しかったので取りあえず新宿店に移動してみる。

新宿店は思った通り、小田急デパートの2階のスポーツ用品コーナーの一部だけでここも思ったよりも更に品揃えが少ない。う〜んネットで見た感じではもっと色々あったような気がしたが、かと言って六本木まで行くのも面倒くさい。一応置いてある靴を見てみるとそれなりに悪くないのもある…と言う事で結局これを購入。
DSC00443.JPG
DSC00444.JPG
本当はこれの水色が欲しかったのだが、水色はレディースしか無かった残念。その次に欲しかったのがこれのブルーで内側にオレンジが入っているタイプ…だったがサイズが26.0以上しか無い(自分のサイズは25.5)。一応履かせて貰ったがかなりブカブカの上に履いてみるとブルーが思ったほどキレイではない、まぁこれなら無難な黒で良いか、と言う事で購入。セール中と言う事で10,000円くらいなのが7,500円くらいで買えたのはお得っちゃお得。

まぁ100%気に入っているわけではないが、スニーカーは安いので取りあえずこれで凌いでまた良いのがあったら買っちゃいましょうかね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年2月9日(金) 鍼 初体験 [日記]

本日マッサージに行って鍼を初体験してきた。

1週間前くらいから左足の膝の外側が強烈に痛くなってきており、それを庇って歩いていたら左足の裏全体が痺れるようになってきた。気になったのでネットで調べたら色々原因らしきものは載っていたが、まずは見てもらうのが一番らしい…と言う事で本日マッサージ屋さんに行ってきた。

取りあえず評判の良いビファインと言うお店に行ってみる。ずっと前に1回行って確かにちゃんとしているという印象があったはず。しかし調べて見るとマッサージと鍼の組み合わせらしい…う〜ん鍼はちょっと怖いなぁ。とやや躊躇してお店に行ってみると入り口にマッサージのみのコースもあると書かれていたので取りあえず何も考えず入ってみる。

これこれこう言う状態です、と言う説明をして脚を触ってみて「確かにかなり張ってますね、これは鍼もした方が良いですよ」と言われ覚悟を決めてお任せする事にする。

で取りあえずマッサージから始まるがこれが大変。女性の先生だったので痛くはないだろうと思っていたら体中色々な所が押されるともの凄く痛む、まぁそれだけ硬くなっているという事なのだろう。

そして鍼が始まる。見てるのは怖いのだが…と思ったらうつ伏せになって脚の裏をやってくれるらしい。まずは注射の時のようなスーッとするアルコール?を塗ってからお肉をギュッとつままれる、で暫くするとスッと放される。あれ?刺したの?全然気付かなかった…刺したのか聞いてみようかと思ったが何が起きているか知ると怖いのでそのままにしておく。それが数回続きこれなら全然大丈夫…と思ったら急にチクッと痛みが走る。ちょっと痛かったですと言うと、どうやらポイントを突いたらしく効いている証拠らしい。まぁこれくらいなら良いかと思ったら今度は痛みは同じくらいだが、無意識のうちに脚がビクンと動くポイントも出てきた。刺したからなのか刺した後でポンポン叩いたからなのか気になったが、これまた何をされているか知るのが怖いのでそのままにしておく。

で、次は仰向けになって下さいと言われるが、鍼が付いたままだと怖いので一応「鍼は全部外れてますよね」と確認してからひっくり返る。今度は腰の横辺りを出して同じようにアルコールを塗ってからお肉をつままれる、針を刺しているんだろうと思ったが怖いので確認はせず。でその状態で少しずつ脚を上げますよ〜と言われて脚を上げられる。痛くないですか?と聞かれたがテープが貼られてそれが突っ張る感じはするが痛くはないと答える。次はその状態で脚を曲げられてくるが、今度は少し痛みが出てきたのでそう言うとそこまで。

そんな感じで1時間の治療が終了。始まる前はスクワットをすると座った時にピリッと痛んでいたのが、治療後は多少違和感はあるが痛みは無くなった。歩き疲れて少し疲れた感じがするがそれが正常らしい。鍼と言うのは筋肉にわざとちょっと傷をつけてそこに血流を多く流すように促す物なので、明日以降2〜3日で少しずつ効果が出てくるらしい。ただし1週間くらいで効果が消えてしまうので、診察開始時は次回1週間以内に来て欲しいと言われる。

まぁ思ったほど怖くは無かったし、肌の上から押すマッサージより筋肉の内側を刺激する鍼の方が効果は大きいというのは納得できるのでまた来てみようか。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年2月9日(金) 人事面談 [日記]

本日は人事面談…と言うより人事の説明会。

冬の社内募集に応募してみようと色々探しているが、ほぼ3つに絞れてきた。まぁほぼ実質絞り切れてきてはいるのだが、その部署の人事担当者が相談会を開いてくれるという事だったので本日会社を休んでいってきた。

夏の社内募集時も同様のイベントがあったのだが、オープンハウスと言うタイトルだったので向こうの技術者が説明会を開いてくれると思って何の準備もせずに行ったら人事担当者との相談会であった。その時は何の準備もしていかなかったのであまり色々会話が出来なかったので、それを顧みて今回は質問事項を紙に書いて持参。

1時間ほど早く着いてしまったので持ってきた会社のノートパソコンで色々調べておこうと思ったら、最近接続の設定が壊れて会社のネットに無線で繋がらない事に気付いたガーン。仕方が無いのでスマホを見たり昼寝しながらボーッと待ってみる。

で時間になったので会議室に入ってみるが相手先の人事担当者が2人いてフリートークのように相談が始まる。いや前回は後2人くらい相談に来た人がいて順番待ちをしていたと思ったのだが…まぁ競争相手が少ないのは良い事だよね。と言うわけで用意した質問ペーパーを見ながら相談をして見る。まぁ質問は色々用意してきたのだが、一番知りたかったのは自分の年齢でまだ取ってくれるかどうかだ。前回、前々回と書類審査で落とされたのは年齢がネックだと思っていたのだが、どうやら一応年齢は特に気にしなくて良いと言う事。何なら相手先の部長に聞いてみましょうかと聞かれたが、いやそこまで手間をかけて貰う事もないか。いや何だかんだ言って結局ネゴ取った人が採用される傾向にあるようなので、色々繋がりをつけておいた方が良いのかも。問合せした相手だという事も分かってくれたし。

そんなこんなで15分ほど話をしたが、用意した質問項目も大体聞き終えたので終了。誰か来るかと思ったがその間誰も来ず、いや競争相手は少ない方が良いので良いのか繰り返すけど。そんなわけで取りあえずここに絞って応募してみよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

MacマシンへのNAS自動接続 [パソコン]

自宅ではQNAPのNASを使っているのだが、Macに接続するのに一苦労。

いや、繋ぐ事自体は何の問題も無く"移動"→"サーバーへ接続"で簡単に出来るのだが、一旦電源を切ると接続が切れてしまう。対策としてシステム環境設定の"ユーザーとグループ"でアカウントのログイン項目に接続したNASを加えておく事で出来るのだが思わぬ落とし穴が。

Macはどうやら起動が完了してからWiFiを探してに行っているようで、電源を入れてから数秒経たないとネットに接続できない。しかしログイン項目は起動と同時に立ち上がってしまうので、WiFi接続が完了していないうちにNASを探しに行って結局見つからないと言う事でエラーになるダメじゃん。

これはあれだ、要は起動時のNAS接続を数秒待つようにすれば良いはずだ。と言う事でNASの接続前に数秒ウェイトを入れる簡単なスクリプトを作成して、そのスクリプトをログイン項目に登録すると言う方法で何とか起動時にNASの接続が出来るようになった。
xxx application "Finder"
delay 5
mount volume "smb://xxx/home"
end xxx
こんな感じ。

しかしこれが時々タイミングが悪くエラーとなってうまく接続できない場合がある。とは言うものの、そんなに長い時間待っているのも面倒だし、そもそも使用中に時々NASの接続が切れる場合がありその時も再度スクリプトを起動して接続し直さなければならないあぁ面倒くさい。Windowsの場合は起動時に"ネットワークに接続できませんでした"と言うメッセージが出るが、接続したNASにアクセスすればちゃんと繋がって見れるのに。

と思っていたらこれを全て解決する方法を最近見つけました、それがこのアプリ…「オートマウンター」。

このアプリは対象NASとマウントするフォルダを登録しておけば、接続が出来るまでマウント処理を実行し続けてくれる。そのため電源投入時にWiFiが繋がるまでずっと接続しようとし続けてくれるし、マウントが切れた場合も自動で接続し直してくれる。アプリと言ってもメニューバーに登録されてバックグラウンドで動いてくれるので余計なメニュー画面が表示される事もないこれは便利。

ネックは1,200円と価格が高い所であるが、これだけ便利なら安いもの。いや「App内課金があります」と書かれていたので、まずはインストールして試しに使えて気に入ったらお金を払うのか…と思ったら最初から購入しなければならず更に追加機能を実装するために追加課金があると言うもの。まぁそれに気付いた時には既に購入してしまっていたのだが。

当初パスワードの入力画面が何度か出て少しトラブったがそれも何回か設定したら出なく無くなってきた。と言うわけで便利に使ってます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安物買いの銭失い [パソコン]

これがホントの"安物買いの銭失い"と言うお話し…か?

自宅の記録メディアのメインはQNAPのNASをRAID5で使用しているが、それだけだと不安なので他のハードディスクに定期的にバックアップを取っている。昨年そのハードディスクがパンクして慌てて取りあえず一番安いQNAPのTS-212Pと言う2スロットのNASを買い、お金がないので激安のSeagateの8TBハードディスクを2台買ってバックアップを取っていた。

それが夏頃にスロット2がハードディスクを認識してくれなくなりサポセンに問い合わせたりしたが原因が分からず、取りあえずスロット1のハードディスクとスロット2のハードディスクを逆にしたら直った。コネクタの相性問題だろうかと思ったが取りあえず動いているので良いかとそのまま使っていたのだが、先々週に再び片側のスロットがハードディスクを認識してくれなくなった。

前に認識してくれなかったのがスロット2で今回もスロット2が認識してくれない。ハードディスクが原因であれば今回はスロット1がおかしくなるはず、なので原因はNAS本体だろうと言う事で多少強気でサポセンに問い合わせてみる。まずはハードディスクに問題が無いかツールでチェックしてくれと言うので、電源を落としてカバーを外した所でツールでチェックするためのハードディスクをPCにUSBで繋ぐコネクタが無いことに気付くダメじゃん。取りあえず蓋をして電源を入れておいておこうと思ったら問題なく立ち上がる何で!

ツールでのチェックが出来ないのでNAS本体のハードディスクチェックツールで確認してみるが問題なし。NAS本体のツールで確認したが問題ないのでNAS本体の問題と思われる、非常に不安定なのだが対策は無いか、と暗に新品と交換してくれないかなと言う意思を込めてサポセンに再度問い合わせてみる。

しかし帰ってきた回答は使用しているハードディスクはSeagateの何々だがこれはTS-212Pでは推奨されていないので他のハードディスクに変えてくれ、と。う〜ん、確かに公式ページの推奨ディスクには掲載されていないので、そう言われると返す言葉がない。推奨ディスクを使っても認識しなくなるような気もするが、新品のハードディスクを買う予算がない。メインのNASを買い換える予定でいたので先にハードディスクだけ買ってそれで試して見ようか…と思って推奨ディスクを調べて見るとメインで使っているWDのRED 6TBや8TBには対応していないガーン。

そんなわけで八方塞がり…これはもう仕方ないな、バックアップ用のNASを思い切って買い換えるしかないか。と言う事でTS-212Pは下取りに出す事に…
DSC00403.JPG
いつも下取りをお願いしているソフマップはQNAPのNASは買い取ってくれないようなので、ネットで探して聞いた事のない所に下取りを依頼する。聞いた事のないお店なので不安ではあるが、Google検索で1ページ目に出てきたショップなので変なトラブルにはならないでしょう。

と言うわけで多少心配ではあったが何の問題も無く買取完了。しかし買い取り価格が9,000円程度というのは泣けてくる、とは言うもののそもそも激安のNASなのでそんなものでしょう。

と言うわけで取りあえずの積もりで激安の物を買ったおかげで結局高く付いてしまった。これがホントの安物買いの銭失いと言うものなのだろう、お金が無いとは言うもののやっぱりかける所にはお金をかけないとと言う教訓。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

2018年1月30日(火) 心を入れ替えて… [日記]

気がついたら随分間が空いてしまった、少し心を入れ替えて。

考えてみたらこのブログは日記代わりに始めたのだった。日記なんだから一言でも記録を残す意味で書いていくべきなんだよな、と心を入れ替えて少しずつ再開してみよう。

と言う事で本日何があったかというと…う〜ん大したこともないような。取りあえず先週から依頼されていたやっかいな仕事がようやく片付いてきたので早々に退社しようかと思っていたのだが、ついでにずっと伸ばし伸ばしにしていたデータ整理を始めたら意外と捗り結局20:00まで普通に残業、良いのか悪いのか。

今週末は雪になるかも知れないらしいので、在宅勤務にしてデータ整理をしてようかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昭和のくらし博物館 "高野文子原画展" [日記]

前々から気になっていた「高野文子原画展」を昭和のくらし博物館まで見に行ってきました。

元々は10月くらいにmixiの高野文子コミュで知った原画展。残念ながらトークショーは終わっていたが、展示は年末までやっているという事で本日見に行ってきました。場所は池上線・久が原もしくは東急多摩川線・下丸子の昭和のくらし博物館。場所が分かりにくいので地図を見ながら来て下さいとのこと…これ一応伏線。

どちらの駅から行っても良かったのだが、下丸子は行った事があったので久が原から行く事にする。まずは久が原で昼食、小さな駅で商店街がある割に食事をするお店が全然無い。結局ちょっとオシャレなイタリアンでパスタなど頂く。で、スマホに入れた地図を見ながら歩いて行く、目印の医院はすぐに見つかったのだがその角をまがれと書いてあるが医院は道の角に立ってない。あれ〜と思って医院の先を見ると私道のような細い道がある、もしかしてこれか?一応案内板も出ていたので間違いないと思うが人んちに入るようで恐る恐る入っていく…とすぐに見つかった。
DSC00430.JPG
DSC00428.JPG
博物館と言うより普通の民家、元々は誰かの家だった物を使って博物館にしているらしい。この手の博物館は大抵ガラガラだろう…と思ったら意外と人いっぱいで混んでる。どうやら観光コースに組み込まれているらしく団体客が来ていた模様、と言うわけで団体客が過ぎるのを少し待って入る。

中は普通の昭和時代の民家に昔の道具とか洋服とかを展示している。昔おばあちゃんちにあった足踏み式ミシンがあったりねずみ取りが置いてあったり。自宅で使用している古道具屋で買ってきたちゃぶ台もあったりして規模は小さいけど意外と思った以上に面白い。

と言う一般展示を見ていよいよ本日の目的、高野文子原画展の部屋へ。2階の子ども部屋だった四畳半くらいの部屋を展示場にして漫画原稿などが置いてある。
DSC00429.JPG
漫画原稿見てもあまり面白くは無いかも…と思ったが意外とこれが面白い、やっぱり生の絵はちょっと迫力がある。おまけに生原稿を見ると完成までの試行錯誤の経緯が見れるのが面白い。男性の服が最初シャツだったのがホワイトで線を消してTシャツに描き変えていたり、元々書いてあった腕の線を消して腕の角度を少し変えていたり。コマ単位で紙を貼って全描き変えしていたりして、描いた後で相当色々手直しをしているのが分かる。う〜ん、さすがは完璧主義の作家さんではある。

面白かったのは現在構想中の漫画の下書き。「女の子3人が昔のズボンや世界のズボンを持ち寄って、自分が持ってきたズボンがいかに履きやすいかを言い合うラブコメ」らしい。と言う事で色々なズボンを履いた女性のラフスケッチが数枚の紙にサラサラっと描いてある。乗馬ズボンを履いてポーズを取った女性は最初ロングスカートで描いたのを消しゴムで消して乗馬ズボンにしてある。ほぼ描き直し無しで片膝ついてしゃがんで洗濯している女性を斜め受けからサラッと書いた絵もある。体の線を色々ラフで描いた上で輪郭を最後に描いてある絵もあれば、何の迷いもなく描き直し無しの1本の線でキレイな足のラインを描いてある絵があったり。ラフスケッチは作者の試行錯誤や考えの経緯が見れてやっぱり面白い。結局四畳半くらいの展示を45分くらい見入ってしまっていた。

受付のおばちゃんが愛想が良くて世間話などしたが、高野文子自身が大田区に住んでおり展示も自分で配置して時々来て直したりしているらしい。う〜ん、ばったり会えたら嬉しいがそれはそれで無理だろう。今回の展示は高野文子ファンが全国から来ており、韓国からもこれを見るために来た人もいるらしい。

多少面倒かなと言う気もしたが、やっぱり行って良かった。良いものを見せて貰いました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帯状疱疹になりました [日記]

帯状疱疹になりました、もうほぼ治ったけど。

先々週の祝日にアゴの所が少しニキビのように腫れて、まぁほっとけば治るでしょうけどアゴだとヒゲ剃りの時に面倒なので薬で治るなら早めに治したい…と言う事でちょうど金曜日が有給でお休みだったので近所の皮膚科に行ってきました。薬を貰うだけのつもりだったので午後から美容院を予約しておいたついでにちょっと午前中に、と気軽に出かけたら意外と大事に。

これこれこう言う事でと先生に説明したら、見た瞬間に「あぁ〜これはあれかな〜」と言って右アゴと左アゴにガーゼをつけたり突起物をつけたり筆でなでて感触の違いを確認した上で、アゴの腫れ物を少し引っ掻いていきなり顕微鏡で見出した。ななな、一体何が始まるのだ…とややビビりながら待っていたら、「やっぱりそうですね、帯状疱疹です」と診断。

帯状発疹と言うのは子どもの頃にかかった水疱瘡かなんかのウィルスが治った後も体の中に少し残っていて、体力や免疫力が落ちてきた時にそれが体の表面に現れてくる物らしい。ほっておくと更に腫れて色々症状が出て治るのに数週間くらいかかるらしい、しかも高齢者だと後遺症が残ってかなり大変なことになるみたい。

とは言うものの、症状が出た次の日に来たのでこの時点で治療を始めれば早めに治ると思いますよと言われて少しホッとする。皮膚科に治療に来たのに何故か採血された上に注射を打たれて飲み薬も貰って帰る、一応塗り薬も貰ったのだが飲み薬がメインらしい。皮膚が腫れているのに注射や飲み薬というのも不思議な気がするが、原因が内的なものならばそう言うことなのだろう。

数日は晴れている所をカミソリで引っ掻くと少し痛むので剃り残しを隠すためマスクをして会社に通っていたのだが、4日目くらいから痛みも無くなってきた。週2のペースでお医者さんに通っていたのだが、先週の金曜日、ちょうど1週間目で先生からももうほぼ治ってきましたねと言われる。先生も治りの早さにビックリしていたが、何よりも早めに診察に来たのが良かったらしい。しかしアゴで無ければ多分ほって置いたと思うし翌日休みじゃなかったら医者にも行かなかったでしょうから今回は運が良かったと言う事だろうか。

追加の薬は貰わず今の薬を飲みきったらもう良いですよ、一応来週もう1回だけ採血に来て下さいと言われてほぼ治療完了。もう痛みもないしヒゲ剃りも普通に出来るし腫れも無くなっていそう、本当に帯状疱疹だったのかなと言う気もするが先生は帯状疱疹は専門で大学で講義をしてり本を出したりしているらしいので間違いという事は無いでしょう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年10月28日(土) 秋葉原でQNAPのイベント [パソコン]

QNAP NASの解説本が出版されそれを記念して秋葉原でイベントが開催された…と言うわけで行ってきました。

場所は秋葉原のUDXビル 6Fのカンファレンスルーム、ビル自体は分かりやすいが部屋が分かりづらく右往左往する。受付で名前をチェックして入場、定員40名となっていたがどうやら予想以上に申し込みが多く椅子は80脚用意したがもしかしたら立ち見になるかも…と言っていたが結局少し席が余るくらいでちょうど良い人数。
JP_QNAP-book-publish_820x312.jpg
仕切っていたのは恐らくQNAP JAPANの社員さんだと思うがその中で1人だけ見覚えがある人が…と思っていたらオリオスペックの店長さんでした。

メインは技術説明とデモ。説明してくれるのはQNAP JAPANの営業さんだろうかと思ったら何と本の著者が直々に来て説明してくれた、そりゃ説得力あるよね。内容はいくつかの会社向けに構築したシステムの紹介とバックアップのためのスナップショットの説明とデモ、まぁ肝心なスナップショットのデモは最後の最後で動かなくなって残念だったが。内容的には面白かったが家庭内LANの構築にはややリッチすぎるシステム。だってNAS 2台を並列で動作させてメンテ時もアクセス劣化が悪くなるのを防ぐとか、ALL SSDで超高速のNASを作るとかそりゃ家庭のシステムとしては費用がかかりすぎ、いや話は面白かったけど。

そして最後にジャンケン大会。まぁ賞品と言っても所詮ノベルティとか良くて2TB程度のハードディスク程度かと思ったら、今回発売された本が2冊と2スロットのNAS製品2個、そして目玉はSeagateの12TBハードディスク2台おぉこれはマジで欲しい。欲しいことは欲しいがあまり目立ちたくないなぁ…と思っていたらあっさり1回戦で負けまぁ世の中そんなもん。

イベント終了後は後ろに並べてあった新製品を自由に触って良いと言う事だが、自分的にはこれが一番見たかった所。日本では発売されておらず、米国のamazonで売っているがずっと"Temporarily out of stock(在庫切れ)"のままであるTS-453BT3が展示してある。展示してあるという事は日本でも販売する予定があるのだろうか…と思ってと聞いた所、11月終わりくらいに発売される予定らしい。値段もTS-453Bより少し高いくらいになるらしいが、まだ予約は出来ないらしいのでもう少し待ってみることにしよう。

最初の挨拶でも言っていたが、QNAPは何故か日本でのみ認知度が極端に低いらしい。なので新製品が出たらまずは本国の台湾、次にアメリカ、ヨーロッパで発売されて日本は最後らしい。何とか改善しようとしているらしいが、それならまずは日本語サポートを立ち上げるのが先なのでは?

しかしスタッフが所々で写真を撮っておりジャンケン大会の優勝者も並んで記念撮影をしていたが、撮っているのがみなスマホ。いやいやこのご時世、趣味で一眼かミラーレスを持っている社員の1人くらいいないのか?

とは言うものの全体的に満足したイベントでした、今度は家庭向けのシステム説明会でもやってくれないかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 〜史上最悪の2日間〜 [テレビ]

自宅のBDデッキが勝手に録画してくれていていつか見ようと思っていたコナンの2時間スペシャル、まぁいつもの通りだろうと思って見たら意外と面白かった…と思ったら原因はあれだったと言う話。

名探偵コナンはそこそこ好きな番組ではあるが、出てくるトリックがかなりトリッキーでそれは無理だろうと言うネタが多い。アニメにありがちなやたら感情過多な所も鼻につくしセンスの悪い所もイマイチ。まぁ子ども向けのアニメなので目くじら立てるほどでは無いのだが推理小説ファンとしては多少物足りない。時々やっている映画版や2時間スペシャルも本格的な推理ドラマとしては満足のいくほどの物ではないので今回も流し流しに見ていたがこれが意外や意外。

銭湯で怪しい人物を目撃したコナンは、銭湯の床でコケて記憶喪失になってしまいその怪しい人物達に誘拐されてしまう。伝説の殺し屋コンドウを含む彼らはナゾの人物の指令を受けてある計画を進めており、コナンがそれに気付いたと思われて誘拐されてしまったのだった…と言う話。

いつものコナンの2時間スペシャルだろうと思って見ていたらこれが意外と面白い。思ったほどストーリーに無理が無く、いつものコナンにありがちな趣味の悪い無理な盛り上げ方も無い。登場人物が少ない割にストーリーが二転三転して、各人の関係性がその度にグルグル回ってくる。おまけに時間軸を組み合わせて、最初唐突にストーリーを進ませておき後にそこに至る経緯を描いてあぁそう言う事だったんだと納得させる…いや面白いけど子どもには難しいぞ。主要人物のコンドウも存在感があるし、これを実写でやれば面白い映画が出来るのに…と思ったらエンディングで全てが判明。

ボーッとスタッフロールを見ていたら「脚本 内田けんじ」…あれ?内田けんじってもしかして、と調べて見ると「運命じゃない人」「アフタースクール」「鍵泥棒のメソッド」などで有名な監督。いつも凝った面白いストーリーを書く人、そりゃ面白いはずだわ。考えてみると時間軸を変えて描く手法も「運命じゃない人」や「アフタースクール」と同じ。実写で映画化したら面白くなるのにと思ったのも納得、そりゃ面白い映画の脚本をいくつも書いている人の脚本なんだから面白いわけだわ。

エンドロールで気付いたのがもう1つ、コンドウの声優をやっていたのが香川照之でその恋人を広末涼子がやっていた。こっちは全然気付かなかった、と言うか全然気付かなかった割にやけに印象に残ったというのは声優として成功と言う事なのだろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

アニメ版こち亀にあの役者さんが… [テレビ]

うちのブルーレイデッキが勝手に古いアニメを録画してくれているので、BGM代わりに流しているのだが本日思わぬ発見が。

アニメ版こち亀も勝手に録画してくれているので、まぁ別に好きな漫画というわけでは無かったので何かしながらBGM代わりに流している事が多い。本日も別なことしながらたまに横目で見ていたら思わぬ物が目に入った。あれ?今のもしかして…と思い巻き戻して再度見直してみた。それがこれ。
DSC00392.JPG
堺雅人ってまさかあの堺雅人?まさかねぇ、同姓同名でしょう、よくありそうな名前だし。と思ってWikiで堺雅人のプロフィールを見てみたら、しっかり出演作として掲載されている。しかもアニメの声優はこれだけなので実は貴重…なのか?

しかし1996年から2001年にかけてやっていたらしいが、この時期俳優としての活動と言えばほぼテレビのちょい役ばかり。一躍有名となった「新撰組!」は2004年なのでまだ先だし、映画に出始めたのも2000年からなのでまだ細々とお芝居に出ていた時期、何と言っても1996年時点ではまだ23歳。う〜ん、こんな仕事もやっていたんだね。確かに良く聞いてみると確かに堺雅人の声だし。

と言うか、なんでこんな仕事をすることになったのだろう?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

2017年9月3日(日) 八幡神社例大祭 [日記]

本日のシモキタはお祭り。

御神輿がいくつか出るのは知っておりそれが街中を練り歩くのも知っていたが、八幡神社で御神輿の集合イベントみたいなものがあるらしいので行ってみた。いつもはガランと誰もいない八幡神社であるが、本日は人でいっぱい。既に小さな子ども神輿らしきものがいくつか集まっており、ここが御神輿のゴールだろうか…と思っていたら次々と大きくて立派な御神輿がやってくる。そしてその度にお祭り騒ぎとなって向きを変えたり回転してから締めをして御神輿を降ろしていく。いくつ来るのだろう…と思ったら結局10個くらいの御神輿が次々と集合してきた。
DSC00376.JPG
DSC00372.jpg
全部の御神輿が集合した時点で舞台に神主さんらしき人が来てお祓いをする。御神輿を神様に献上すると言った意味合いだろうか、放送で「お祓いなので鉢巻きを外して下さい、お子さんの鉢巻きはお父さんが外してあげて下さい」とアナウンスがあり皆揃って頭を垂れて御神輿終了。

シモキタに済んで25年近くなるがここでこんな盛大なイベントをやっているのは始めて知った。まだまだ知らない事が多いですな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年8月27日(日) 久しぶりの大人買い [日記]

久しぶりの大人買い…「ノーマーク爆牌党」全9巻セット買い。

いや買ったのは2日前のamazonであるが、昨日届いて本日から1冊ずつ読んでます。前から気になっていたのだが全巻買い揃えるほどではないかと思っていたが、amazonで探したらセットで2,000円…いや2,000円なら良いかと言うことで購入。
DSC00329.JPG
作者は片山まさゆき、"ぎゃんぶらぁ自己中心派"や"スーパーズガン"と言った麻雀ギャグ漫画で有名な漫画家で、本作もギャグ要素満載。多分"爆牌"と言う響きだけで見切り発車した漫画で、本人もギャグ漫画のつもりで始めたんだろうがストーリーが進むにつれて"爆牌"の謎解きが中心のギャグ要素を含んだシリアスなストーリーになってくる。

一応、主人公は"爆牌"と言う最も危険な状況で最も危険な牌を打つことで逆転勝ちをする爆岡弾十郎(通称、爆弾)という事になっているが、真の主役はひたすら守備に徹した麻雀を打つライバルの鉄壁保。ストーリーもこの鉄壁の目線で展開される。

鉄壁たちがたむろする雀荘にフラリと現れて"爆牌"を使って勝利する爆岡弾十郎。孤高の天才プロ雀士として連勝を続ける爆岡の後を追ってプロになった鉄壁は、大会で爆岡と対戦するが狙い撃ちされボロ負けした上に思いっきりの暴言でバカにされる。反撃を誓った鉄壁は爆岡の打ち筋を徹底的に研究して"爆牌"の仕組みをある程度予測して再戦するが、それを上回る爆岡の強さに心が折れそうになるが必死のヒロインの応援で何とか踏みとどまる。結局爆岡には勝てなかったが、更に研究を重ねていわゆる"場の流れ"を"色"の理論で解読して対戦に臨み少しずつ"爆牌"の秘密に迫っていく。そして同様に対戦するライバル達もそれぞれ"爆牌"を研究して対戦に臨んでいた。

まぁ難しい理屈の所は飛ばし飛ばしに読んでいくが、それでも謎解きのようにストーリーが展開していくストーリーはやっぱり面白い。個性的な登場人物が次々と現れていくのはいつもの片山まさゆきのパターンであるが本作は特に魅力的な登場人物が多くそれぞれが生き生きと活躍している。まるで巨人の星でライバル達がそれぞれ消える魔球の秘密とその破り方を探っていくシーンのよう。

「ノーマーク爆牌党」は片山まさゆきの数々のギャグ漫画に埋もれがちであるが、間違いなく片山まさゆきの最高傑作だと思うよ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ジュラシックワールド…色々突っ込み所満載の映画 [映画]

以前テレビで放送されたのを録画しておいた「ジュラシックワールド」、ようやく本日見てみる。ネタバレとか気にせず書くので、未見の人は注意してね。

ジュラシックパーク・シリーズは結構好きなので公開された時に見に行こうか迷っている内に終わってしまった「ジュラシックワールド」、本日お休みなのでゆっくり見てみました。第1作目の「ジュラシックパーク」は映画館で見たし、映画的にも学術的にも良い映画でした。それまであまり世間に知られていなかった恐竜研究の最前線を視覚化して世間に認知させたという意味では良い啓蒙映画でした。とは言うものの、続編というのは作れば作るほど劣化するもの…本作も突っ込み所満載でう〜んさすがにもうダメかと思われるデキでした。

完璧に安全管理されているはずの施設で必ずバカなことをやらかして結局恐竜たちが大暴れする…要は人災というのがこれまでのパターンではあったが、今回は最強恐竜を目指して作られたハイブリッド恐竜が人間を騙してまんまと逃げ出して大変なことになると言う天災映画、いやこっそりと最強恐竜を作っている時点で既に人災か。
91AK3Fdp9JL._SL1500_-640x320.jpg
熱線感知に何も反応が無く壁に無数の爪痕が残っている事から、壁を上って逃げ出したと判断して檻の中に入って様子を見る主人公達…いや逃げ出しただろうとは思うが檻の中に入るのはさすがに危険では無いか?と思ったらその通り、身を隠していただけで人間が入るために開けた入り口からまんまと逃げられてしまった。しかし位置センサを埋め込んでありどこにいるか中央管理室で調べることができるのなら、檻に入る前にまず調べとこうや…とまず1突っ込み。

作られたハイブリッド恐竜は色々な動物の遺伝子を組み込んでいるため、カメレオンのように体の色を変えることが出来る上にラプトルの遺伝子を組み込んでいるため追ってきたラプトルを子分にしてしまうって…いやいや遺伝子はそこまで万能じゃ無いから。遺伝子と言いクローンと言い、この手の映画では無茶なストーリー展開が多いものよ…と突っ込みもう1つ。

そして凶悪な恐竜や翼竜が逃げ出して観光客のいるエリアに迫っているというのに、責任者は仕事をほったらかして甥っ子達を探しに行ってしまう。いや、パークの責任者なんだからあんたのやることは甥っ子を探すことじゃなくて観光客を安全に避難させることだろ。最近のハリウッド映画にありがちだが、自分の責任をほったらかして家族を救うために活躍する映画が多いがそれって人としてダメだろう。結局責任者が何もしなかったおかげで観光客に大量の被害者が出てくる、がそれについては何も触れずおいおい…とテレビに向かって大きく突っ込む。

そして今回の敵役であるセキュリティ担当者は主人公達に余裕ぶっこいて真相をぶちまけた直後に背後から来たラプトルにやられる…って油断し過ぎだろ。おまけにもう1人の敵役であるハイブリッド恐竜をうみだした博士はちゃっかりヘリで逃げ出してそれっきり、おいおい。

ハイブリッド恐竜を倒すためにラプトルを放して対決させよう、さらにラプトルで敵わなかったからTレックスを放して対決させよう。ってゴジラ対モスラかよ。そもそもラプトルやTレックスを放したからと言って必ずしもハイブリッド恐竜と対決するわけで無く、むしろ人間を襲う可能性の方がおおきいんじゃないのか?そしてハイブリッド恐竜を倒すために放たれたTレックスが最後猛々しく吠えて映画は終了するがこのTレックスの始末はどうするの。もうここまで来ると突っ込む気も起こらない。

う〜ん、続編は劣化する物だと分かってはいたがこれほどとは…。それまでのジュラシックパークシリーズ3作は、さすがに1作目には敵わなくても2作目3作目はそれなりのレベルと保っていたはずなのだが。しかもこのジュラシックワールド、続編が企画されているらしい。いや〜もうさすがに止めた方が良いのでは。

そして極めつけはいつもの通り、特別声優として主役の2人に仲間由紀恵と山本耕史。う〜ん、こう言うバカな事をするのはフジテレビだろう、と思ったらこれは日テレ。日テレの映画担当もバカなのか?山本耕史の方は多少の違和感で済んだが、仲間ちゃんの方は声を聞く度に仲間ちゃんの顔が浮かんで台無し。これを企画したバカは映画のことが何も分かっていないのか?それともタイアップやら広告やらのために敢えて魂を売り払ってこんなバカなことをしたのか?取りあえずこの声優を企画したバカ担当者はハリウッドに向かって土下座して謝れ!

そんな映画の中の唯一の見所は管理室の女性管理人。びみょ〜にブスなのが笑える、そして最後良い雰囲気になった同僚がキスしようとしてきた所で「無理!私彼氏がいるの」に大笑い。お金がかかっている分CGは見事だが、内容的にはサメ台風レベル…そんな映画でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2017年8月11日(金) 丸の内でビアガーデン [日記]

本日は丸の内でビアガーデン。

昨日婚活サイトで知り合った人と直接会ってきて疲れたにもかかわらず、本日は大学時代の友人と丸の内でビアガーデン。昼間から飲みたいという事で13:00に集合して、丸の内のシャレオツなビアガーデンへ。8月にしては随分と涼しかったのでテラス席でも良かったのだが、雨が降りそうな気もしたので屋内席へ。まぁ個人的にはいくら涼しいと言っても屋外は蒸すのでエアコンの効いた屋内の方で良かったのだが。と言うわけで関東の地ビール的なビールで乾杯。
DSC00315.JPG
DSC00314.JPG
シャレオツなお店だけあって、ビアガーデンなのに食事がうまい。このフィッシュアンドチップスなんて嘘のように美味い。

でその後スペインバル・居酒屋と飲み続け最後は立ち飲みで1杯飲んで21:00解散、結局8時間飲み続けてしまった。酒量はセーブしていたのでそっちは平気だったがさすがに8時間もお店にいるとさすがに疲れる。友人全員集まれなかったのは残念だがそこそこ楽しい飲み会でした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年7月30日(日) 六本木で叔父さんの喜寿のお祝い [日記]

本日は都内在住の叔父さんの喜寿のお祝い。

元々うちの実家はそう言うイベント毎を全くしない家族であったのだが、弟の嫁さんが色々フォローしてくれて以前うちの両親の喜寿のお祝いをして貰った。その時に来てくれた都内在住の叔父さんが今度喜寿になったと言う事で本日はそのお祝い。

うちの両親は残念ながら体調があまり良くないという事で欠席。叔父さん一家と弟一家、それに私で六本木のイタリアンでお祝い。さすが嫁さんは気が利くだけあって、お祝いの品とかを用意してくれるしお店の方に誕生日ケーキの予約も入れてくれていた、う〜んやっぱり女子がいると違うわ。

本来は会員制のレストランなのだが、弟の嫁さんの上司が会員になっておりゲストチケット貰ってくれて行ってきた、もう何から何まで嫁さんのお世話になりっぱなし。会員制だけあって、料理もお酒もちゃんとしている。かと言って堅苦しい感じでも無くドレスコードなんてものもなし、美味しいイタリアンを満喫してきました。
R0010086.JPG
R0010088.JPG
3時間かけて前菜からデザート、ワインまでお腹いっぱい飲み食いして8人で6万円。まぁゲスト扱いなのでお安くなっているが、これだけ良いのならもう少し高くて良いから一般の人も入れるようにすれば良いのに。

時間をかけてお腹いっぱい飲み食いしたおかげで、現在22:00になっても全然お腹が空かない。夕飯は軽くカップ麺で済ませようと思っていたが、それさえ食べれない程。じゃがりこ食べて終わりにしておこうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年7月9日(水) シモキタで買い物三昧 [日記]

本日はシモキタで買い物三昧…と言うほどではないが。

毎日会社に行くのに履いているジーパンがボロボロになっているので昨日渋谷のGAPに行ったら4月で閉店ガーン、と言うわけで本日下北沢のユニクロで会社用に使えるパンツを買いに行く。それとここ数日腰が死ぬほど痛いので、空いていたらマッサージにも行こうと出かける。

まずは昼食からと言う事で出かけたが、余りにも暑いので正音でざるそばを食べようと行ってみたらお店の外にまで行列が出来ているガーン。この炎天下並ぶ気にならなかったので一旦本屋に行って時間を潰してから戻って、本日やざるそばで安く上げる。

ユニクロは駅の反対側なのでまずはマッサージに行ってみようと北口アーシーフットに行ってみる。満席の看板が出ていたので空いている時間が無いか聞いてみたら、今だったら入れるという事で1時間コースで入る。腰が痛いだけで無く体も随分硬くなっているので隅々まで揉んで貰う、そして気がつけばスタンプが集まっており無料でやって貰えたラッキー。

で、ここまで来たらついでにと寄った無印に良いシャツがあったのでついつい購入、安かったし。次にユニクロに行ってごくごく普通のチノパンを買って、裾直しの間モワカフェでお茶。本日のモワカフェはエアコンが効いておらず死ぬほど暑い、早々に戻ってパンツを受け取るが本日はシモキタ音楽祭という事でお店の前で楽団が演奏している。
DSC00276.JPG
35mm F1.4で撮影したのだが、広角でこの距離じゃ解放でも背景ぼけは無いだろうな…と思ったら帰宅して見てみたらキレイに背景がボケている。一番前のバンジョーとバイオリンの2人だけが浮き上がって見える、さすがは20万のレンズ。

と言うわけで帰宅。色々回って随分気が紛れた気がする、色々お買い物をした割りに安く上がったし。さぁこれで来週1週間を何とか乗り切りましょうかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青山愛アナ退社と怒り新党 [テレビ]

テレ朝の青山愛アナが退社するらしい。

ファンと言うわけでは無く、かと言って嫌いというわけでも無いのでどうでも良いっちゃ良いのだが。「報道ステーション」では添え物的だったが「怒り新党」では意外とバラエティに対応出来ていたのが印象に残っている。

そもそも「怒り新党」はマツコ、有吉、夏目ちゃんの3人だからこそ面白かったのに、唐突に夏目ちゃんが降板して局アナの青山愛アナに切り替わり明らかなコスト削減にガッカリ。そりゃフリーの夏目ちゃんだと出演料バカ高なのに対して、局アナなら普通に給料払うだけだからコスト削減効果は抜群だろうけどそれじゃ面白い番組は作れないだろ…と思ったら青山ちゃんも意外と頑張ってて番組の質がほとんど落ちなかったのはさすが。

いや頑張っていると言うのは二人に負けないように喋るとか言う頑張り方では無く、バラエティで要求されている自分の役割を青山ちゃんがキチンと理解して演じられている所。たぶん本人はそんなに普段からそれを強調しているわけでは無いと思うのだが、マツコと有吉が一番嫌っている英語ベラベラの帰国子女で今時のオシャレ女子…と言う役割をキッチリと演じていたように思えた。そのおかげでマツコ、有吉と青山ちゃんの対立が出来て会話にメリハリがついたのと、何を言われてもいつもニコニコしていたおかげで二人がいじめている雰囲気を出させないようにしていたのはさすが…と言うのは考えすぎだろうか。青山アナが最後に出演した回にマツコが「あんたの事はちゃんと分かっているから、良いから良いから」と言っているのを聞いて青山ちゃんが泣いていたのは、ちゃんと役割を演じていたのは理解しており今までご苦労様とマツコが言っているのに対して苦しんでいたのをちゃんと分かってくれてたんだと言う事で泣いていた…と言うのは深読み?

と言うわけで夏目ちゃんから青山ちゃんに切り替わっても意外と面白かったのは青山ちゃんの対応力のおかげだと思っているので、今の「かりそめ天国」が余計つまらない。いや新しい女子アナは悪くは無いのだがバラエティの役割というのをあまり考えていないように感じるし、そもそもテーマも何も無くダラダラ喋るだけと言うのはやっぱり散漫になってしまう。

う〜ん、色々変えたのはやっぱり失敗だったのでは…と思ったらやっぱり視聴率は低迷しているらしい。最近のテレ朝は好評だった深夜番組を全部潰してコスト重視の通販番組にしてからすっかり迷走しているのでは。今はまだ日テレの後を走っているが、このままだとTBSが追いついてくるぞ、と思ったがそれ以上にTBSはつまらないから無理か。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

近所の公園で試し撮り [写真]

先日買ったFE35mm F1.4を持って近所を撮影してみる。

広角だけあってトロットロにぼけると言うわけではないが、F値が小さいだけに不思議な写真が撮れる。
DSC00264.JPG

DSC00265.JPG
色々回ろうと思ったのだが、本日は30度の夏日。と言う事で汗びっしょりになり途中で挫けてCAFEに入りパンとジンジャエールなど頂いてみる。
DSC00267.JPG
ここまで被写体に寄るとさすがにきれいにボケる。

単焦点なのに巨大…と言われているがサイズ的にはFE16-35mm F4やFE24-70mm F4と同じくらい。ズームレンズを付けていると思えばその大きさも気にならない。荷物を減らしたい時以外はこれをちょっと常用レンズにしてみようか(荷物を減らしたい時はFE28mm F2で)。

FE35mm F1.4 買っちゃいました [写真]

今回は我慢しようと思っていたのだが我慢できずに買っちゃいましたFE35mm F1.4。

今回のボーナスではα7用のFE16-35mm F4とMac Bookを購入。諸々のバーゲン、クーポン、ポイント、下取りを駆使して出来るだけ安く上げようとしたのだがそれでもそれなりの出費となる。他にも欲しいものはあったのだが今回はこれで終わりにしよう…と思っていたのだがついつい買っちゃいましたα7用のFE35mm F1.4。

16-35mm F4でそれなりに満足していたのだが、今持っているレンズは他に24-70mm F4、28mm F2、FE50mm F2.8 macroとどれもF値がそれほど小さくなくあまりボケを活かせるレンズがない。考えてみるとEOSを使っていた頃、一番気に入っていたのは思いきって買ったEF24mm F1.4L。APS-Cなので35mm換算で38mmなので画角、F値共にFE35mm F1.4に近い。やっぱりこのレンズは必須だよな…と思っていたらどうしても欲しくなってしまう。

年末のボーナスで、と最初は思っていたのだがもう待てなくてついつい購入。色々と撮影して見るがやはりこれが一番ちょうど良い。写真としてはつまらない写真だがこれまで見たことが無いようなキレイなボケの入った写真が撮れた。
DSC00246.JPG
ぼけのキレイさではFE85mm F1.4 GMには敵わないと言う話だが、85mmは胴体が太すぎてバランスが悪い。そして少し絞ったF6からF8くらいがこのレンズの真価を発揮するエリアだという事だったのでF8くらいで風景を撮ってみる。
DSC00252.JPG
このシーンはこれまでも撮ったことがあるが以前撮った時よりも隅々までカリカリに写っているような気がする…いや気のせいかも知れないけど。

さて今年前半で2本もレンズを買ってしまったので次は来年かな。マクロ好きなので次はFE90mm F2.8 macroにするか、それとも85mmでは業界最強と言われているFE85mm F1.4 GMにするか。85mmレンズの最高峰と言われるG Masterを試して見たい気もするが、大きすぎるので標準の85mmにするかもう少し伸ばして100mm F2.8GMにするか…こう言うのを考えているのが楽しいんでしょうね。

Mac Book 2017 届きました [パソコン]

既に1週間くらい経っているのだが…。

ようやく注文していたMac Book 2017届きました。WWDCで発表された新しいMac Book 12 inchです。まぁ使うのはWEBとメールがメインなのでそれほど速いCPUも大容量のメモリーもいらなかったのだが、ちょっとした動画編集をするのでSSDだけは出来るだけ容量を増やしたかったので2つあるうちの上位機種を注文。
DSC00256.JPG
前に使っていたMac Book Air 13 inchが重かっただけに、軽いのが何より楽。やっぱり薄さ軽さは正義!…ですね。画面が少し小さくなるのが気になっていたが、今の所特に気にならないレベル。時々いつも見るサイトの端の方が切れていて移動させないと見れない時に画面サイズが小さくなっていることを気付く程度。
DSC00258.JPG
前のPCがゴチャゴチャになっていたのでTime Machineからの復元は使わず、1つ1つソフトをインストールしたが半日でほぼ完全に前と同じ状態にまで持って来れた。逆に前と同じなので新鮮味はないが…。せめて壁紙だけでも変えておこうか。

分かってはいたけどやっぱりUSB Type-C 1つと言うのは使いづらい。取りあえず普通のUSBとType-Cのアダプタは買ってきたのでSDカードの読み込みは出来るようになったのだが、そのまま繋がると思っていたThunderboltのハードディスクはコネクタの形状が違っていて繋がらないあれ〜。ThunderboltとUSB Type-Cって互換性があったんじゃ無かったっけ?とは言うものの、取りあえずハードディスクは暫く繋ぐ予定はないのでこのままで良いか。

"百鬼夜行LIVE" 椎名林檎 [音楽]

思い切って立て続けにブルーレイを買ってしまった。

You Tubeを検索しててたまたまこんな映像を見つけました。



最近少しご無沙汰気味であったがこうして見るとやっぱりカッコイイ。実はかなりなファンであったのだが、東京事変の頃からあまり継続して聞かなくなってしまったのだが時たま見たり聞くと相変わらず冴えた音楽をやっている。そしてこのライブもこれまた腰が抜けるほどカッコイイ。

あまりにも良かったので発売されているのなら買っちゃおうかと探したところ5月末に発売予定の「百鬼夜行Live」である事が判明。You Tubeの映像は先行公開された数曲の映像のうちの1つであった。

速攻でポチって発売日に入手、You Tubeで見た曲以外もすごいのが多くてすっかり満足。しかし椎名林檎もデビュー当時は左端のミュージシャンだと思っていたら、いつの間にか日の丸を背負って歌うようになったんだね(まぁ「NIPPON」はW杯の応援歌だったので敢えてそう言うのを強調しているのもあるが)。

そしてそのLiveがあまりにも良かったので他のLive映像もまとめて入手しようかとちょっと探してみる。いや「黒いオルフェ」の入っている「Electric Mole」はDVD版を持っているのだが、いかんせんDVDでは画像が粗い。何とかならんかと思っていたら「Electric Mole」も含めたLive映像をBDで再販したBD-BOXをamazonで発見。しかし定価30,000円はさすがに手が出ないなぁ…と思っていたら中古なら半額で手に入る事が判明、15,000円程度なら頑張れば何とか払えるかも。

う~ん、としばらくの間悩んでいたのだが古いDVDが結構有り、これを全部売れば何とか費用を捻出できると思わずポチる。いや古いだけで無く当時はDVDしかなかったのが後になってBDで再販されたため買い直して完全に不要となったDVDなので売却するのに何の躊躇もないのだが。ドラマのDVD-BOXもあるのだが、これも再放送をBDにまとめて録画したので画質の悪い割に枚数の多いDVDで持っておく必要も無い。近所の中古DVD屋に持って行って売っても良かったのだが、どうせなら少しでも高く買ってくれる所でと思いネットでDVD買い取りサイトを探してみる。

ネットで検索してみると「楽-YA買取ネット」と言うのが評判が良い上にキャンペーン期間中なので試しに依頼してみる。家にある古いDVDを片っ端から集めてまとめて売りに出したら18枚で9,000円ちょっと。まぁ大した金額にはならないが元々安く買ったDVDだし中古の値段はバカみたいに安くなってるから仕方ないのだろう。と言うものの、その中の「のだめカンタービレ ドラマ版DVD-BOX」だけで7,000円ちょっと、と言う事は残り十数枚の映画のDVDは合わせても2,000円くらいにしかならない。価格破壊にクラクラするが持っているだけでは一銭にもならないので思いきって売ってしまう、少しは費用の足しになっただろう。
DSC00254.JPG
と言う経緯を経て入手したLIVE BD-BOX。古いライブも含まれているだけあって、正直当たり外れが大きい。ちゃんとHDのフルサイズでHDの画質で再生出来るのもあれば、撮影したソースがSDだったらしく画質が甘く4:3サイズのため両端に黒が入るライブも多い。さらに両端だけで無くその上に上下に黒帯が入るのは何とかならなかったのだろうか。

とは言うものの、これまで単発でYou Tubeで見ていたライブのほとんどが含まれているのでこれはこれで満足。古いライブ映像を見るとデビューしてから色々な音楽を吸収してどんどん進化して行っている所に凄さを感じる。しかし改めて見るとやっぱり「さくらん」の映画音楽を担当したのが彼女のターニングポイントになっているのだろうと感じる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年6月17日 続・ヨドバシでセミナーを受けてみる [写真]

新宿に行ったついでにヨドバシのカメラセミナーに行ってきました。

本日は診察の日、帰りに何処かによって来ようかと思っていたのだが結局いつものように新宿に寄ってくる。まぁプリンターが壊れたので新しいのを見たいというのとモバイルバッテリーの小さいのが欲しいと言うのと、ついでに次に買うレンズの下見と何か面白い本でもあったら買おうかと、いつものようにヨドバシへ。カメラ館に行ったらちょうど30分後にプロカメラマンを呼んだカメラセミナーがあると言う事だったので行ってみました。

今回のセミナーは「風景写真で語る 〜α7、FEレンズの魅力〜」。ヨドバシのカメラ館の6Fと言う入りにくい場所のせいか、入りは1/3程度。まぁちょうど良い人数っちゃちょうど良いのだが。

ソニーの営業さんも来ておりセールスを兼ねてと言う事もあり、内容はα7系の良い所などの話。説明してくれたプロの方は以前は他社のプロ向けフルサイズを使っていたが、とにかく重くて趣味の登山には持っていく気がせずコンデジで撮影していたがα7なら荷物の隙間に入れられて便利。そして下から煽った写真を見せてくれてバリアングルパネルのおかげで這いつくばらなくてもフレーミングが出来ると言う事を話していた、やっぱりプロも考える事は同じと言う事だろうか。以前セミナーで話を聞かせてくれたプロの方はスナップ中心と言う事で16-35mm F4をメインに使っていたが、今回の方は風景中心と言う事で24-70mm F4をメインに使っているらしい。それにプラスして16-35mm F4と24-70 F2.8、85mm単焦点と70-200mmを使っているらしい。風景中心のこのラインナップに85mmが入るのは違和感を感じるが、風景を撮る時は広角が多いので思い切って85mmくらいの方が却って違いが出て良いのだろうか。

プロの方も触れていたが、前から気になっていたので終わった後でソニーの営業さんにカールツァイスとGレンズの違いについて聞いてみた。どうやら設計思想の違いでカールツァイスは解像度重視から始まるのに対してGレンズはボケのキレイさから開発を始めるため、どちらが上というわけではなく特徴が違うと言う事らしくその両方を満たすように開発されたのがG Masterと言う事らしい。だから解像度が効いてくる広角にツァイスレンズが多く、ボケが効いてくる望遠側にGレンズが多いのか…と思ったが別にそう言うわけではないらしい。

最後にネットなどでは24-70mm F4ってツァイスレンズの割にあまり評判が良くないのだが、悪いと言っている人たちは何を持って悪いと行っているのだろうと言うちょっと聞きづらい事も聞いてしまった。営業さんは「あぁあれね〜」みたいな顔をして(やっぱり伝わっている事は伝わってるのか)、24-70mm F4は画面端で多少解像度が落ちる場合があり文句を言っている人はそれを持って性能がイマイチと言っているらしい、とは言うものの画面端の一部を捉えてそれでダメ扱いするのはどうか、プロでもこのレンズをメインに使っている人も多いのでレンズ自体は優秀だと思う、と言う事を言っていた。まぁ確かにそりゃそうだよな、これまで余り使ってなかったがもう少し利用してみようか。

正直、暇つぶしで参加したセミナーではあったがなかなか面白かった、明日辺りどこか撮影にでも行ってこようか。

卓球の暗黙のルール [スポーツ]

卓球の試合には暗黙のルールと言うのがあるのを最近知りました。

卓球は先に11点取った方が勝ちなのですが、10-0で勝っている時にわざとミスして相手に1点入れさせて11-0で勝ってはいけないそうです。どんなに弱い相手であっても11-1で勝つのが礼儀だそうです(「卓球 暗黙のルール」で検索したらいっぱい出てきました)。要は1点も取れない弱い相手に1点 "恵んで" あげるらしいです。






・・・バカじゃないの。

どこの世界に負けてる相手に1点 "恵んで" あげるスポーツがあるのよ。やっぱりメンツを重んじる中国が中心のスポーツだけあってこんなバカバカしい慣習があるのか…って中国は関係ないのか?「相手との距離が近いからエチケットを大切にする」なんて言うけど、それを言ったらサッカーやラグビーなんて近いどころじゃないし。「プロの場合、0点で負けるとスポンサーの心証が悪くて生活に支障をきたすから」なんて話もあるらしいが、それは何も卓球に限った話じゃないし。

ブラジルW杯ではネイマールを欠いてボロボロになったブラジル相手にドイツは最後まで手を抜かずに大量得点を挙げて勝っていたが、勝ち目のない相手であっても最後の最後まで全力を尽くすのがむしろ礼儀だと思うけどね。私だったら1点恵んで貰ったらもの凄い屈辱だと感じるけどなぁ(まぁ生活がかかっていればそうも言ってられないのか?)。まぁボロ勝ちしている相手にスクイズのようなどうしても1点取りたいと言う作戦を使わないと言うのは分かる気がするけど。

何よりも1点 "恵んで" もらった選手は永遠にその相手に勝てないと思うけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

FE50mm F2.8 Macro 試し撮り [写真]

昨日買った16-35mm F4の試し撮りのついでに、買ってからまだちゃんと使ってなかったFE 50mm F2.8 Macroも持参して試し撮り。

被写体は地味だがさすがに合焦位置はキリッとしていて背景はキレイにボケている。
DSC00219.JPG
それにしても地味な被写体。

定番である花も撮ってみる。
DSC00222.JPG
マクロレンズは焦点深度が非常に狭いのでピントはAFでザックリ合わせた後、MFで狙いの所に微調整するようにしているが、本日は風が強くてどうしてもボケてしまうのが残念。うまくいったのはこれ1枚くらい。

90mmマクロのようにとろけるボケとはいかないが、これはこれで使いやすくて良いかも。

FE16-35mm F4 ZA OSS 試し撮り [写真]

昨日届いたFE16-35mm F4の試し撮りと言う事で、本日近所の駒場公園まで行ってくる。

途中でちょっと広角端付近(18mm)で撮ってみる。
DSC00196.JPG
ちょっとパースが効き過ぎて不自然な画になっているような気がするが…。

16mmのパースを活かしてボケの効いた写真を撮るには思いっきり被写体に近寄って撮ると良いと言う事で
DSC00204.JPG
う〜ん、いまいち。

ここには旧前田邸の洋館があり良い被写体になるのでそこで撮影して帰りに中にある喫茶店でお茶してこようと思ったら、9月まで改装中で閉館ガーン。仕方が無いので公園の方で色々撮ってみる。
DSC00199.JPG
DSC00201.JPG
う〜んイマイチ。超広角でかつF値も大きいので被写体に思いっきり寄ってもなかなか背景はうまくボケてくれない。

ここはあまり広角端を意識せずに自由に撮ってみようかと35mmの望遠端でも撮ってみる。
DSC00209.JPG
DSC00207.JPG
後の写真は16mm広角端だがこう言う撮り方なら超広角でもそれなりになるのか?あぁそれにしても絵心のない写真ばかり。

ついでに和室のある和館の方にも行ってみるが超広角を活かせる写真はなかなか撮れない。などと言う事をやっていたのだが、本日は30度を超える真夏日と言う事でこの辺でばてて帰宅ダメじゃん。

2017年6月9日(金) 昨日に引き続いてレンズ購入でストレス発散 [日記]

昨日に引き続いて本日はα7のレンズ購入でストレス発散。

多分年2回(ボーナス時期?)ソニー製品がセール価格で買える事があるので、今回は新しいレンズを購入する事にする。前から目を付けていたのは16-35mm f4ズーム、セール品の中に特価扱いの商品がいくつかあるのでそうなっていれば文句なく買うのだが。と思ったら16-35mmは特価扱いになっておらず残念、代わりに35mm f1.4が特価扱いとなっており心が揺れる。セールで特価扱いになったレンズから揃えていこうと思っていたので先に35mmの方から買っちゃおうか、ちょうどこれくらいの単焦点は欲しいと思っていたし昨日ヨドバシに行ったついでに見てきたら思ったほど大きくも重くも無かったし。

とかなり心がぐらつくがここは冷静に買う順番を考え直す。今あるのが24-70mm f4ズームと28mm f2.0単焦点、それに50mmマクロ。広角好きとしては次に買うのは広角ズームか広角単焦点なのだが、マクロも意外と好きな割に50mmマクロがイマイチで逆に90mmマクロがやたら評判が良くてこっちも欲しい。まぁしかし順当に順番を考えたら標準ズームと広角単焦点(無印なので単焦点とは言え、中クラスのレンズではあるが)があるのなら次はやっぱり広角ズームからだよね。使う機会を考えても重くて大きい広角単焦点より普通の広角ズームの方がよく使いそうだし。マクロも気にはなるが、特殊なレンズなのでやっぱり後回しでしょう。夏に出る16-35mm f2.8も気にはなるが更に巨大になる上にお値段が30万円もする、良いレンズを買うのにある程度の出費は仕方ないとしてもさすがに30万は出せないなぁ。まぁスナップ撮りの人は16-35mm f4を標準レンズとして付けっぱなしの人も多いらしいので、やっぱりここは16-35mmが順当。と言う事で16-35mmを買う事に決定。

セールの案内を見ると一律2割引きが適用されるので、更に今持っているクーポン約20,000円を買えば10万円くらいで手に入る。ちなみに35mm f1.4の値引率を計算してみたらほぼ2割引き、なんだ特価だと思ったら普通じゃん。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年6月7日(水) 買い物でストレス発散する [日記]

最近精神的にピンチなので買い物でストレス発散する事にする、ボーナスも出たし。

まずはMacの買い換えから。3年ほどMac Book Air 13インチを使っているのだが、昨年買ったVAIO 11インチに比べて最近やたらとその重さが気になってきた。確かこれを買う時はデジカメで撮った写真を読み込むためにSDカードスロットの付いている13インチにしたのだが、昨年くらいからSDカードスロットが壊れて読み込めないため外付けのリーダーを買った。そしたらこれがすっかり便利で、なんだこれでいいじゃんと言う事でSDカードスロットも不要になったので、一番軽い12インチのMac Bookを買おうと思ったのだが何とか火曜日深夜のWWDCまで我慢。

結局Mac Bookは…と言うよりかなり大量のハードウェアが刷新された割にどれもマイナーチェンジであったがまぁ良いか。Mac Book ProのTouch Barが…と言うよりTouch Barについている指紋認証が今後パスワードの代わりになるならこれが付いているのが是非欲しいと思っていたのだが、新しいMac Bookには付いてなかった残念。まぁ情勢を見ると指紋認証がパスワードに置き換わるのは当分無さそうだし、Touch Bar自体もあまり評判が良くないらしい。と言うわけでMac Book 12インチを購入する事に決定。

問題はどこで買うかだ。ヨドバシのポイントが20,000円くらいあったのでヨドバシで買おうと思っていたのだが、アップルストアの値段を見るとヨドバシの価格とほとんど変わらない。アップルストアで買うとオプションでCPUやメモリーのグレードアップが出来るのが良い所、ヨドバシで買うとポイントがあるので実質支払う金額が10,000円ほど少ない(ヨドバシの価格は付いてくるポイント込みでアップルストアと同じ値段なので)。う〜ん、どうしよう…と散々迷ったが、使い方としてはWEB閲覧やメール、たまに動画編集をするが今のMacでも問題ない程度の重さなのでCPUやメモリーをグレードアップする必要も無いか。そんなわけで目先のお金に目がくらみ、結局ヨドバシで購入する事にする。

ヨドバシ.comで買っても良かったのだが、やっぱり高い買い物なので見てから買いたい。いや多分まだ展示品は無いと思うがせめて色くらいは実物くらい見てから買いたい、と言う事で本日時間を見つけて新宿ヨドバシへ。さすがに展示品はなかったがMac Book Proは既に新製品の展示がされている、まぁMac Bookは見た目は変わらないと言う事なので良いか。キーボードがMac Book Proと同じタイプになったらしいが、触らせて貰ったが違いが分からない程度。問題の色は最初想定していたスペースグレイが思った以上に良い色なので問題なし、と言う事で購入。まぁ来るのは6/19以降くらいになるそうなので気長に待ちましょう。

もう1つα7のレンズも買う予定なのだが、こちらはSony Driveの通販サイトでエラーが出て問い合わせ中なので落ち着いた所で。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自宅NASの全面改装 [パソコン]

最初はちょっとしたきっかけであったが、結局数週間がかりでのNAS体制の再構築となってしまった。

元々の体制としてはメインNASとしてQNAPのTS-869(6TB×4台+8TB×3台)を使っており、そのバックアップとしてTS-212P(6TB×2台、RAID0で12TB弱)とTS-431(余ったハードディスクを突っ込んでBYOD)を使っていた。メインTS-869はまだ(と言っても残り1TBくらい)空きがあったのだが、バックアップのTS-212PとTS-431の空き容量がほぼ無くなってきており、ほぼ同時に両者の空き容量が0となった。そしてTS-869も空きがあるとは言いつつ、6TBハードディスクの1台で復旧不能のエリアがあり一応動くけど早めに交換してくれと言うワーニングがずっと出ておりこちらも何とかしたいと思っていた。

TS-431は3TBや4TBと言った小容量のハードディスクも使っていたので、最初の作戦としてはTS-212Pの6TB×2台のハードディスクを8TB×2台に交換して、余った6TBのハードディスクの1台をワーニングが出ているTS-869に、もう1台をTS-431に入れて凌ごうと思っていた。いつもはNAS向けにチューニングされているWDのREDシリーズを使っているのだが、バックアップに使うのはそこまでのものではなくても良いのでSEAGATEのアーカイブ用の少し安いので凌ぐ事にする。
DSC00188.JPG
まずはTS-212Pのディスクを交換してバックアップをしっかり取っておく事から、と言う事でTS-212Pのハードディスクを交換してバックアップを開始する。TS-212Pは廉価版と言う事で処理速度も通信速度も遅く、さらに8TB×2台のRAID0と言う大容量ほぼフルフルに使っているのでバックアップを取るだけで数日かかる。

ようやくTS-212Pへのバックアップが完了したので、今度はTS-431側のバックアップのやり直しを始める。まずはTS-212Pから取り外した6TBのハードディスクを入れてBYODでバックアップを開始、BYODなので1台でもハードディスクを交換したら全てがクリアされてしまうのでバックアップも0からやり直し。TS-212Pよりも容量が多いとは言え、さすがにTS-431は中級機だけあって処理速度も通信速度も速く結局TS-212Pと同じくらいの日数でバックアップが完了。さぁこれで安心してメインのTS-869のワーニングの出ているハードディスクの交換が出来る。
DSC00185.JPG
と言う事でワーニングが出ている6TBのハードディスクをTS-212Pに入っていた6TBのハードディスクに交換する。そもそもこのシリーズは電源を入れたままでハードディスクの交換が出来るのが売りのはずなのだが、いくらマニュアルやネットの記事通りにやっても「ハードディスクが抜かれました」と言うエラーが出るなんで!まぁ新しいハードディスクを入れてあげれば自動的にRAIDを復旧してくれるので構わないっちゃ構わないのだが。そんなわけで新しいディスクを入れ替えてこれまで出ていたワーニングが消えた事を確認した上でRAID5の再構築を行う。RAIDの再構築中にバックアップの復元をしても良いようなのだが、ここは安全のためRAIDの再構築が終わるまで待つ。

結局RAIDの再構築も数日かかり、ようやく終わってからTS-431とTS-212Pに取ってあるバックアップの復元を始める。合計30TB近くあるので単なるファイルコピーではあるが、これまた数日かかるあぁ全ての事に時間がかかる。まぁこの復元が終われば全てすっきりするのでおとなしく我慢我慢…で平日の早朝にファイルコピーが終わったようなのだが朝起きるとスマホに大量のエラーメッセージがガビーン。
DSC00186.JPG
TS-869に搭載している6TB×4台のハードディスクのうち、今回交換した1台(スロット4)が一部読み書きできなくなってエラーが出て、更にもう1台(スロット2)のこれまで問題なかったハードディスクに至ってはアクセス出来なくて外されたと認識してエラーが出ている。取りあえずRAIDのおかげでデータは失われていないようなのだが早急に対応しないとならない、何より緊急避難モードで動いているらしくリードは出来るがライトが出来ない状態になっている、と言うわけで会社には行ったが早上がりして帰宅して色々調べて見る。まずは一部読み書きエラーが出ているハードディスク(スロット4)から。このハードディスクは元々TS-212Pで問題なく使えていたもので、更にこう言うのはアクセスし直すとエラーが出ている領域を自動的に未使用にして使えるように組み直してくれるものだが…。と言う事で取りあえずハードディスクを外したり繋いだり再起動したりディスクチェックをしたりするがどうしてもエラーが消えない。う〜んこのハードディスクは残念ながらお亡くなりになった模様。そしてももう1台のアクセス不可のスロット2。このスロットのハードディスクを取り出して他の空きスロットに差し込むと問題なくアクセス出来るのでハードディスク自体には問題は無さそう。と言う事はスロット自体が壊れたのか、う〜ん修理に出す時間もお金も無いが取りあえず8スロットあるのでこのスロットは使わない事で対応しておく。

TS-869はスロット1から4を6TBハードディスク4台でRAID5構成、スロット5から7を8TBハードディスク3台でRAID5構成、この2つのRAIDをストレージプールで1つにまとめて使っていた。このうちスロット2が使えなくなったので、空いているスロット8に6TBのハードディスクを入れてRAIDを組もうと思ったのだがRAIDを構成するスロットの変更が出来ない。いやもしかしたら出来るのかも知れないが全く方法が思いつかない。それじゃスロット1から4に6TBハードディスク×3台でRAID、それだけだと容量が足りなくなるので追加で8TBハードディスクを買ってスロット5から8に8TBハードディスク×4台でRAIDを組もう。と思ったらスロット2をRAID構成から外す事が出来ないのでスロット1からスロット4はハードディスクが1台足りない状態となってしまっている。

う〜んこれはお手上げ、と言う事で意を決してTS-869はストレージプールとRAID構成を全部消してRAIDの再構築から始める事にする。まずはスロット1、3、4の3スロットに6TBのハードディスクを入れてRAID5構成にし、スロット5から8に4台の8TBハードディスクを入れてRAID5構成を組みストレージプールで1まとまりのディスク容量にまとめる。まぁ設定は残っているのでディスク構成だけの変更だけで済むので楽だし、全部クリアして1から組み直した方が気持ちが良い。

と言う事で最後に新しいハードディスク構成になったTS-869にバックアップしたデータの復元を始める。これまた30TBくらいあるので数日かかる、そして具体的に何をやっているのか分からないがRAIDの同期と言うのも並行して進んでいる。本当はRAIDの準備が完全に全部終わってからデータの復元をしたかったが、さすがにもう気力も尽きて良いにする。

そんなこんなでバックアップを含めたNASシステムの再構築に2週間くらいかかってしまったが、どのNASも容量がまだまだ残っているのでこれで当分の間は問題なく運用できるでしょう。

2017年5月27日(土) 銀座ソニーショールームに行ってみる [日記]

本日は特に目的が無かったが取りあえず銀座のソニーショールームに行ってみる。

いや目的が無いわけでは無い、あれほど品揃えが良いヨドバシでもα7用のレンズが全部揃っているわけではないので次回買うべきレンズを探したいというのがあった。と言うわけで本日は診察の日だったので帰りに銀座に寄ってくる。元々銀座にはソニービルがあったのだが現在立て替え中で、少し離れた所に臨時でショールームが出来たらしく気になってはいた。

場所は例の時計台のあるデパートの十字路の真逆のビルで、1階2階が日産のショールームになっており3階4階5階がショールームになっている。まぁ5階はサポートセンターとギャラリーになっているのでサラッと見て4階に降りてくる。

4階はプレステ、テレビ、オーディオ等々…要はデジカメ以外。気になったのはLife Space UXシリーズ。スピーカー付きの電球は始めてみたが悪くないかも。でも付け替えが面倒だし家にいる時は基本テレビ付けっぱなしなので良いか、同じくグラススピーカーも良い感じだがテレビ付けっぱなしだし。超単焦点プロジェクターの方が壁に絵を飾る感覚で置いておくのも良いがやはりちょっと暗い、まぁだからここまで小型で安くなったのではあるが。気になっていたXperia touchは子供がかぶりつきでゲームやっていたので見ただけだが、まぁ1人で使う分にはパソコンで足りるか。新しく出た有機ELテレビが先行展示をしておりかなり良い感じ、気持ちの問題かも知れないが同サイズの液晶よりキレイに見えたし…いややっぱり気持ちの問題だろうな。スピーカーが震えるのはよく分からなかったが、画面が薄いのが良い。その分、支えの所に色々部品やスピーカーが入っているらしくこっち側がやけに分厚くなっているのが気にはなるが。次に買うならこれが良いが、55型で50万、65型で80万はまだまだ高い。

そして本来の目的である3階のカメラエリアへ。さすがに色々なレンズが展示してあるのは良いがやはり全てのレンズが使えるわけでは無さそう残念。気になったは1635のズーム、35mmf1.4、50mmf1.4と90mmマクロ。FEレンズは細長いのが不満だが、この辺りのレンズならバランスも良いかも。85mmf1.4もバランスが良いし評判も良いのだが、さすがに高いし焦点距離が長いし何よりでかい。出がけに気軽に使えるから良いかと思って買った50mmマクロではあるが、映した写真を見るとさすがに90mmの方がキレイなので50mmを売って90mmを買っちゃおうかと少し迷う。そしてもう1つの目的であるα9の先行展示。発売前、いやもう発売開始されたのか…くらいの時期の展示なので人いっぱいかと思ったが思ったより空いており十分堪能できた。普通に撮影する分にはスポットAFのポイント移動がジョイスティックで出来るのは良いがそれ以外の違いはシャッター音が振動も含めてビックリするくらい小さい事くらい。が、試しで連写をしてみたらこれがビックリ…普通にモニタリングしている画面のままサカサカササカ…とシャッターがもの凄い勢いで切れていく。本当に撮影できているのか不安になるくらい、これは移動ものやスポーツを撮るには良いだろうな…と思うが基本移動ものはほとんど撮らないので良いか。α99に付いていたツィアイス銘のレンズが見た事がなく気になったが、これは多分Aマウントなんだろうな。

そんなわけでたっぷり多能したわけであるが、帰りに銀座をウロウロしてこようかと思ったが考えたら特に見るお店もない。日比谷公園まで行っても良いがこれも特に見るものも無い…と言うわけで帰宅して後は自宅でビデオなど見ながら過ごす。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -